マンション防水工事、奈良。屋根修理、補修、リフォーム。貴田建材工業。

リフォーム・建築 貴田建材工業
お電話でのお問合せ:0743-63-1502
TOP会社案内お問合せ
トップページ
防水工事
一般向け
業者向け
施工例
工事の流れ
リンク
貴田建材工業
〒632-0078
奈良県天理市
杉本町370
TEL:0743-63-1502

 

プラグイン
当ウェブサイトでは、より快適にお楽しみいただくためにアニメーションやビデオなどを使用したコンテンツをご用意しています。コンテンツをお楽しみいただくために必要なプラグインを以下に表示していますので、お持ちでない方はこの機会にぜひご入手ください。
FlashPlayer

動画コンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Player(無償)が必要です。 

防水工事
 
雨漏り修繕工事
 FRP 防水工事  マンションの防水施工について
マンションの防水施工について
マンションの屋上は雨や雪、直射日光にさらされ、昼夜の温度差も激しいなど、常に過酷な条件におかれています。 屋上防水も年数が経つにつれて劣化し、そのまま放置すると漏水して下の階にも影響を及ぼします 。
ある程度年数が経ったら劣化の状態を把握し、修繕を行うよう心がけましょう。
● 現状の防水工法は?
  屋上の防水のやり方は、色々あります。
アスファルトのシートで防水層を作るアスファルト露出防水、アスファルト防水の上に軽量コンクリートを打って防水層を保護しているアスファルトシンダーコンクリート押え防水、ウレタン樹脂を流し塗りするウレタン塗膜防水、塩ビシート防水などです。
切妻屋根の場合には、アスファルトシングル葺きなどもあります。 現状の防水工法によって修繕工事の工法が変わります。自分のマンションの屋上はどの工法によるものか、あらかじめ調べる必要があるでしょう。
● アスファルトトーチ工法の場合
  アスファルトのシートをバーナーであぶり、アスファルトを溶かし、溶着していくのがアスファルト防水トーチ工法です。
まず、現状の防水層の劣化した部分を取り除いたり、膨らんだ所を切り開いて下地の処理を行います。次に調整材を塗って、下地の表面を整えます。
次に立ち上がりの部分や排水口廻り、通気管などを補強張りし、全体の平らな部分にシートを張ります。最後に全体的に劣化防止のためのシルバートップコートなどを塗って仕上げます。
マンションの修繕工事は生活しながら工事を行わねばならないので、、激しい音や臭いを発生させる工法は避けなければなりません。そういったことから、アスファルト防水トーチ工法が採用されています。
● バルコニーにウレタン防水を採用した場合
  バルコニーも経年とともに、ひび割れなどが目立ってくるものです。。
ひび割れのある場合は補修した後、下地調整材で細かなひび割れを埋めて平らにならします。その上にウレタン樹脂を流し塗りをして塗膜の厚みと強度を出します。最後にこのウレタン防水層を保護するためのトップコートを塗って仕上がりです。
バルコニーは屋上に比べて狭い場所なので、施工性のよいウレタン塗膜防水が採用されています。
このページのトップへ